• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針
HOME > 歯周病治療

歯周病治療

患者様の治療方針を決定

歯周病の一歩手前の段階の「歯周炎」の症状とは

目立たないマウスピース矯正クリアライナー
歯周病になる一歩手前の状態で歯肉が赤く腫れあがってしまいます。

原因は、歯周病と同じ磨き残しなどの汚れをエサに細菌が活発化し、歯肉に炎症を与えるためです。
少し歯ブラシを当てただけでも出血するので、歯ブラシを避けがちだが、それでは原因の汚れがとれないのでさらに悪くなってしまいます。

出血しても気にせず、力を入れすぎず、やわらかめの歯ブラシで丁寧に歯磨きを続けて下さい。正しいケアを継続することでだんだん歯肉は引き締まり、ピンク色になってきます。出血しにくくなるはずです。
また食後や間食、ジュースを飲んだ後も歯周病菌が増えないように水でお口をゆすぐなど意識していきましょう。

こんな症状は歯周病の可能性が高いです

  • 歯がグラグラする、歯が動く、ゆれる
  • 歯が長くなった、または伸びたような気がする
  • 歯ぐきが腫れている、赤くなっている
  • 口臭がするようになった
  • 歯みがきのたびに出血がある

歯周病はむし歯とは違い、痛みを感じないことが多く自覚することが少ないため、歯科で適切な治療をしない限りどんどん進行してしまいます。最近では、心疾患や糖尿病などの全身疾患とのかかわりも重要視され、健康と歯周病治療の関連性が高まっています。

歯周病の症状は、歯周病菌に対する免疫系が歯肉部分で過剰反応することで悪化していきます。
歯周病は歯の周りに歯周ポケットができてしまうことで、その歯周ポケットの中で細菌が繁殖し骨を溶かし、どんどん病状を進行させていく怖い病気です。歯周病治療の第一歩はその歯周ポケットをなくすことが歯周病の治療の大きな目的となります。

軽度の歯周病であれば、定期的なメインテナンス(口腔ケア)を受診していれば進行を防ぐことができますが、
中等度から重度の歯周病の場合、骨の吸収状態や歯のぐらぐらする程度によって治療できずに抜いてしまわないといけない場合もあります。手遅れでなければ、簡単な手術(歯周外科)によって歯周ポケットを人為的になくしてしまう方法があります。手術は約1時間ほどですが、歯肉を切るので縫合、包帯パックをする期間があり、治るまで約3週間ほど期間がかかります。そうなる前に定期的な検診で歯をケアしていくことが大切です。

妊婦さんへ

最近の研究では、糖尿病、心臓血管病、低体重児出産・早産などが歯周病に関連する疾患とされています。妊娠がわかったら一度歯科でお口の状態をチェックしましょう。