• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針
HOME > お母さん・妊婦さんへ

お母さん・妊婦さんへ

子育て中の歯のケア

自分のことはあとまわしにしている方が多い?
親子
日頃、きちんと歯磨きなどのお手入れをしていたという方でも、出産を機に子育てに追われて、疲れて歯磨きを怠ってしまったり、気付いたら歯磨きをしないで寝てしまったりというお母さんも多いと思います。

また、お子さまの歯磨きはするけれども、自分の歯磨きは後回しになってしまうというお母さんもいらっしゃいます。
気づいた時が始め時
子育てのために歯磨きがおろそかになってしまった方の多くは、汚れが溜まっている、歯肉が腫れているなどの症状に気づいてから、慌ててご来院されます。
あるいは、自覚症状がないままに月日が流れて、子育てが一段落して来院したときには、かなり虫歯や歯周病が進んでしまっているというケースも少なくありません。

でも、あきらめないで下さい。
気づいたときがお手入れやメンテナンスの始め時です。決して遅すぎるということはありませんので、少しでも早くご来院ください。
ぜひ、親子で治療を受けて下さい。 ぜひ、親子で治療を受けて下さい。
また、お子さまは歯科医院に連れて行くのに、自分は治療やメンテナンスをしないというお母さんも多いようです。
せっかく歯科に足を運ぶのですから、ぜひ親子で治療を受けてください。お母さんが治療している間のお子さまのお世話は、当院のスタッフにおまかせください。

キッズルームもありますので、お子さんが遊んでいる間に、安心して治療を受けられます。
また、親子で治療を受ければ、先生とのコミュニケーションもより密に行うことができ、お子さまの歯の状態も含めて、歯の健康に対する知識や意識が高まります。

お母さんが、まず自分自身の歯のケアを行うことで、お子さまも自分の歯を大切にする意識も芽生えます。
予防歯科ルームは子供も一緒に来てもOK? 

お母さんにも正しい知識を伝えたい

お子さまだけでなくお母さん自身の歯の健康のためにも、お母さんに正しい知識を身につけてもらいたいと考えています。
例えば、「炭酸飲料や乳酸菌飲料は歯に悪く栄養的にも良くないけれども、100%のフルーツや野菜ジュースなら体に良い」と思い込んで、お子さまにふんだんに与えているお母さんがいらっしゃいます。
フルーツジュースや野菜ジュースなら大丈夫……これは間違いです。これらには果糖が多く含まれているため、実は歯には良くありません。

また、同じ生活をしていても虫歯になりやすい人、なりにくい人がいますが、これは虫歯や歯の質が遺伝するのではなく、ご両親の口の中の細菌が感染して虫歯になってしまうというのが実情です。特に抵抗力が弱い3歳までは、より感染しやすいため、ご両親がまずご自身の口の中を清潔にすることが大切です。
また、ご両親の唾液が、お子さまの口の中に入らないように食器の使い回しをしないなど、注意が必要です。
これらの知識は、できればお子さまを授かる前から身につけていただくと、お子さまの歯を虫歯から守るのに役立ちます。

当院では、このように歯の治療やメンテナンスに加えて、虫歯や歯周病になりにくくする生活習慣や、食育についてもアドバイスを行っています。

お子さまのこんなお悩みもぜひご相談下さい。

  • 虫歯がある
  • 大きすぎる前歯が気になる
  • 歯並びが悪い
  • 歯茎が腫れている
  • 歯の色が悪い
  • 永久歯が生えない
  • 歯磨きを嫌がる
  • 指しゃぶりが治らない  

妊婦さんへ

妊娠中は歯科治療できるの?

妊娠中はつわりや疲れやすさなどで歯のお手入れが不十分になりやすかったり、ホルモンバランスの変化によって、歯肉炎や妊娠性歯周炎になりやすいので注意が必要です。妊娠中は、麻酔を使ったり、母体や胎児に負担がかかるような治療はできませんが、クリーニングを中心としたメンテナンスを定期的に行うことをおすすめします。

妊婦さんに気をつけていただきたい歯科ケア

妊娠中は、つわりのために歯のお手入れが行き届かなかったり、空腹時の不快感から間食が増えるため虫歯になりやすかったりする傾向があります。
なかには歯磨き粉の臭いで吐き気をもよおしてしまうという方もいらっしゃいます。ブラッシングが無理でも、食べたあとに必ずうがいをしたり、歯磨き粉をつけずにブラッシングをするなど、少しずつでもケアをするように心がけましょう。
どうしてもお手入れができない方は、ご来院していただき、クリーニングをすることもできますので、お気軽にご相談ください。
また、ホルモンの変化によって歯茎が腫れて妊娠性歯周炎になった場合も、ブラッシングが効果的です。歯磨き粉をつけずに、こまめにブラッシングをしましょう。
妊娠中に歯や歯茎のことでお悩みの方は、どうぞお気軽にご来院ください。

患者様にとって予防歯科とは?

歯の健康を保つためには治療よりも、予防が大切です。
一度虫歯になって、削ってしまった歯は、二度と元には戻りません。
また、歯は毎日使い続け、噛み続けているために休む間もなく動いています。そのためたとえ虫歯がなくても、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことは、とても大切なことなのです。
毎日歯磨きをしていても、どうしても取りきれない汚れが溜まって、やがて歯石となって歯にこびりついていきます。虫歯や痛みがなくても、車の定期点検と同じように、半年に1回は予防のために歯科医院で検診やクリーニングなどを行いましょう。