• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2017年3月21日 火曜日

30代後半から40代に多い薬の影響による着色

「歯の色が気になってホワイトニングをしてみたけれど、
思うような結果がでない」というお悩みでご来院される方がいます。

歯をよく見てみると、テトラサイクリン歯と呼ばれる、
抗生物質による影響で歯がうすい灰色をしている方です。


当院では、30代後半から40代の方にその多い傾向です。
「小さい頃、抗生物質を飲まれていましたか?」とカウンセリングを行うと
該当する方がいらっしゃいます。


テトラサイクリンという抗生物質が大きな原因だと断定はできませんが、
子供の頃に抗生物質を飲まれていた方はその影響がなきにしもあらずです。


歯の状態や着色のレベルによって、ホワイトニングが効果は人それぞれです。
テトラサイクリン歯であってもグラデーションが薄くなったり、
歯のトーンが全体的にアップすることで印象が変わる方もいます。


歯の色が気になっている方はそのコンプレックスが
少しだけ軽くなるだけでも気持ちの面で良くなることがありますので、
気になる方はお問い合わせください。

投稿者 大林歯科 | 記事URL

2017年3月 6日 月曜日

子どもの頃の舌のクセが大人になって残っていることも


せっかく矯正をしたのに、また歯が動いてきた・・・・というご相談で
2回目の矯正治療をする方がいます。

小学校や中学校で1回目の治療をしてしばらくは
きれいな歯並びだったけど20代〜30代の間に以前のままではないにせよ、
少しだけ歯が出てきた、ズレてきた、という話です。


これは、一概には言えませんが、
舌のクセが残っているケースが考えられます。


歯並びはきれいになっても、
以前の歯並びがよくない状態時のままの舌の位置で体が覚えているため、
無意識に歯を押しているといった具合です。
寝ている時や集中しているなども押してしまっている方は、
一度、舌の位置が歯を押していないか確認して見たほうがよいでしょう。


また再度矯正する時は、
矯正治療期間中に正しい舌の位置を覚えていくことが大切です。


せっかくきれいにした歯並びをずっと保っていくためにも
舌の位置、動かし方、クセも一緒に考えていきましょう。

舌癖

投稿者 大林歯科 | 記事URL

2017年3月 3日 金曜日

50代60代からのホワイトニング

50代や60代の方でホワイトニングに関する問合せでよく頂くご質問があります。

それは
同世代でホワイトニングをしている人はどのくらいいるの?
という質問です。

50代60代の方は少ないのでは・・・?と思われている方が多いようですが、
実は、そんなことはありませんのでご安心くださいhappy01


ご自身のために投資をするという意味で来られている方や、
お孫さんのイベントに出るために口元を若々しくしたいという方、
ご家族の御祝いごと(結婚式や入学式、卒業式)できれいにしたいという方が多くいらっしゃいます。


ホワイトニングを受ける前に歯科医師が
歯周病が進行していないか、
歯や歯ぐきの状態を確認してからホワイトニングを行いますので、
心配はご無用です。


もしもホワイトニングができない場合であっても
ホワイトニングを受けられる状態のお口元作りをサポートいたします。



先日もとてもダンディな60代の方がお越しくださいました。
意識の高い方はいつもお若いいな〜と、人生の大先輩ながらも感じてしまいますconfident


50代60代の方もホワイトニングにご興味のある方は
お気軽にお問い合わせください。

投稿者 大林歯科 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2018/07/27

【夏季休暇のお知らせ】
8/9(木)は、午後15時〜診療
8/10(金)は、午前診療と午後14:30〜17:00まで診療
8/11(土)〜8/16(木)まで夏季休暇です。
よろしくお願いします。

2018/04/04

2018年4月から診療時間が変更になります。
お間違えないようにご注意ください。

【2018年4月〜】
平日  9:30~13:00/15:00~18:30
土曜  9:30~13:00/14:30~17:00

2017/11/29

【年末年始のお知らせ】
12/29(金)〜1/4(木)までお休みです。
★12/28(木)は診療します。

2017/08/01

【夏期休暇のお知らせ】
8/10(木)診療
8/11(金)〜16(水)・・休み
8/17(木)診療
お盆休みの前後は木曜日の診療がありますのでお間違えないようお願いします。