• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2016年1月20日 水曜日

35歳で歯周病・・。歯科を転院したら診断されました。

他院で35歳の時に歯周病と診断され入れ歯かインプラントか、ブリッジか。
怖くなってセカンドオピニオンとしてご来院された女性がいます。

お話を聞くと、中学生の頃から虫歯もあって、
体調が悪くなると歯茎の腫れや痛みに悩まさるたびに歯科に行き対処をされていたそうです。

その時は歯周病と診断されずその時々の痛みに応じた対処をされていたということでした。


しかし繰り返すので、主治医を変えてみたところ「歯周病」と診断され、
35歳で歯抜け!?とショックで仕方なくと同時に、歯科医師によってこんなに診断が違うのか・・・
と思われたということでご主人の勧めで当院へご相談のためにご来院されました。

口腔内を診断しCT検査もおこなったところ、
下の歯の奥歯から3本ずつとも骨が溶けている状態でした。
残念ながら、歯周病で進行が進んだ状態を放っておくと歯は抜け落ちてしまう状態でした。


勇気を出してご相談頂いた気持ちをお察しし、
まずは現状把握とこれからの最善策として何を優先して治療をするのか、
ご本人の意志と現在の状態から今の状態を一歩でも良くするために最善を尽くします。


このような患者様を増やさないためにも、
きちんとした説明と根拠に基づいた適切な治療が大切だと改めて感じた日でした。

投稿者 大林歯科 | 記事URL

2016年1月11日 月曜日

30代後半妊娠中の歯科検診 歯周病の早期治療

昔は妊婦さんの歯科検診は、
20代前半の方の健診が多かったのですが、
最近では20代後半〜30代後半の方がご来院されるようになりました。

これも時代の変化なのでしょうか。

おめでたと聞くと、こちらも嬉しくなります(^^)
妊娠中の歯周病は早産のリスクなどがメディアでも取り扱われるようになり、
妊婦さんの歯科に対する意識も変わってきたように思います。


妊娠中は、つわりがひどい方はご飯もたべることが辛かったり、
味覚の変化で食生活の変化が起こりやすいです。

お口の中の状態が変化するということは、
むし歯や歯周病が発症しやすい状況にあります。

今の自分がどのような口腔状態なのかを把握することも大切です。
身体が動く、無理のない状態で早めにご来院くださいね。

元気な赤ちゃんとご対面する日まで一緒に頑張っていきましょう。

投稿者 大林歯科 | 記事URL

2016年1月 4日 月曜日

あけましておめでとうございます。も素敵な笑顔で

☆新年あけましておめでとうございます☆


今年の冬は暖冬の年明けとなりましたね。
去年は雪がちらついていたのが嘘のよう。
気持ちも温かくスタートしたいですね♪

今年も大林歯科・矯正歯科はみなさまの笑顔の創造と歯の健康を守る使命を持って
皆様と一緒にお口の正しい予防をご提案していきたいと思います。

本年もスタッフ一同一丸となって、
「出会えてよかったと思ってもらえる歯科医院」作りに邁進致します。

今後も一層のお引き立て、宜しくお願い申し上げます。



ウキウキ〜♪な1年になりますように☆

投稿者 大林歯科 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2018/07/27

【夏季休暇のお知らせ】
8/9(木)は、午後15時〜診療
8/10(金)は、午前診療と午後14:30〜17:00まで診療
8/11(土)〜8/16(木)まで夏季休暇です。
よろしくお願いします。

2018/04/04

2018年4月から診療時間が変更になります。
お間違えないようにご注意ください。

【2018年4月〜】
平日  9:30~13:00/15:00~18:30
土曜  9:30~13:00/14:30~17:00

2017/11/29

【年末年始のお知らせ】
12/29(金)〜1/4(木)までお休みです。
★12/28(木)は診療します。

2017/08/01

【夏期休暇のお知らせ】
8/10(木)診療
8/11(金)〜16(水)・・休み
8/17(木)診療
お盆休みの前後は木曜日の診療がありますのでお間違えないようお願いします。