• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2017年7月10日 月曜日

水分補給、夏場は歯を溶かさないように注意

暑いとどうしてもスポーツ飲料はシュワ〜っと炭酸がきいた飲み物を飲みたくなります。
蒸し暑いこの季節、脱水症予防にも水分補給は必要ですが、
飲み方にも注意が必要です。

スポーツ飲料やジュースには、"酸"が含まれています。

ー酸ってなーに?
酸は簡単に言ってしまうと、歯のエナメル質と呼ばれる部分を溶かしてしまう怖いもの。
例えばコーラに抜けた歯を1日歯を入れておくとどうなるでしょうか?

・・・・溶けます。
(夏休みの自由研究にテーマとして扱う子がいました.)

それだけ酸というのは溶かす力が強いのですが、普段は唾液や他の水分によって、その成分を弱めているのです。
ですが、水分補給のほとんどをジュースや炭酸水などで済ませている方は要注意。
常にお口の中が酸で満たされている状態になります。


ーえ・・じゃあ、どうしたらよいの?

飲んだ後は水やお茶を飲みます。
(できればお水が良いです。)

ポイントは口内に酸を残さないようにすること。
ジュースを飲んだら水を飲む。
これを習慣にすると歯が溶けるリスクを減らすことができますよ。





投稿者 大林歯科