• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2017年4月 7日 金曜日

1本だけ上の歯が出ているお悩み

矯正のご相談の中でも、歯の見える範囲である「上の歯」に関してのご相談が多い傾向です。
下の歯は比較的見えない事が多いので、歯並びが少し気になる方も多くても、
まずは見える範囲から・・という方もいます。


例えば、下の図のように出ている状態。
口を閉じていても無意識のうちに1本だけ唇の上にのっていることで、
恥ずかしい・・・とお悩みになっている方が多く居ます。

思春期の小学生後半〜高校生の方は特に気になりますよね。
上の歯が出ているケース
1本だけだから、早く安く矯正治療できないですか?!とご要望いただくことがあるのですが、
噛み合せも関係してくることなので、早く・安く・・というのはなかなか難しいといえます。
単純に歯を削って見た目を良くするというのは、将来の歯のことを考えると「うーん・・・」となってしまうところです。

歯が1本動くだけで身体の重心や歯にかかる力の大きさが変わります。
将来のことを考えながら、一番最適な方法をきちんとお話してから矯正治療を進めましょう。

急がば回れ!ではないですが、
見た目だけを重視して歯がボロボロになってしまっては、元も子もありません。

投稿者 大林歯科