• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2017年2月 8日 水曜日

歯並び調整による隙間作り

春先前の毎年恒例、
矯正治療のご相談シーズンがやってまいりましたvirgo


春休みから矯正治療を開始したい方は、
2月頃から歯科医院の選定をされるようです。

さて、ご相談の中で多くご要望頂くのは、装置の見た目以外にも
「歯を抜きたくないんです」「歯を削りたくないんです」というお声をいただきます。


当院では天然歯の状態を残すことを大切にしているので。
歯を大切にされる方のお声を大切にしたいと考えています。


ただし矯正治療を進めていく上で、
調整のために歯と歯の間に隙間を作るために歯を削ることもあります。
(歯科用語でストリッピングと言います)
今日はそのストリッピングをご紹介します。


患者さまのご要望を考慮し、
必ず削るときは、
何のために、どこを、どうやってするか?ということを
患者様にお伝えした上で実施します。


矯正治療ストリッピング

歯と歯の間の隙間を作ることで
歯を動きやすくするために行うことであっても、
患者様が納得しないまま勧めないというのが方針です。

今後、矯正治療をする方やご検討中の方にとって、
矯正治療に対する不安が少しでも解消できれば幸いですconfident


わからないことなどがあればお問い合わせください。







投稿者 大林歯科