• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2016年12月27日 火曜日

歯ぎしりがひどい方は要注意

皆さんはご自身が歯ぎしりをするか・しないか
ご自身のことをご存知ですか?


多くの方は歯科で指摘されて気づくか、
ご家族の方に注意されて気づく方が多いようです。


寝ている時に歯ぎしりがひどくて一緒に眠れない!!
・・・と家族に言われて気づく方は良いのですが、
一人暮らしの方や部屋が別々の方は気づかないことがあります。



歯ぎしりは放っておくと歯と歯同士でギリギリと削ってしまうため、
かみ合わせが変わってしまったり、
歯が削れることで他の歯に余分な力が加わり、他の歯を痛めてしまうことにもつながります。


もしも最近、かみ合わせが変わったり、なんとなく肩がこったり
歯の大きさや形が変わってきたな〜と違和感がある方は
歯ぎしりを疑ってみて対策をしたほうが良いでしょう。




歯ぎしりがひどい方は歯科医院でマウスピースを作成し、
寝ている間に装着して歯ぎしりによって歯が削れていってしまうことを防ぎます。

投稿者 大林歯科