• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2016年9月15日 木曜日

歯を残したい・・噛みあわせを考えた矯正治療

矯正治療というと、
『歯並びをよくする』

という見た目に関するお悩みからご相談される方が多いですが、
最近では、50代や60代の方からある理由でご相談が増えています。

それは・・・・

将来、歯を残したいから
かみ合わせを良くしたい
というご相談です。


テレビやメデイアでもかみ合わせがずれると
あらゆる不調(肩こり・腰痛・眼精疲労など)が起きることを
伝えていたり、様々な健康に関する情報が増えたことで、
皆様の「歯のかみ合わせ」に対する意識が以前よりも
高まったからかな?とも思います。



50代60代になってくると、
奥歯が抜けてしまったり、
ご自身の歯を失っているという方が
少しずつ増えています。


それは噛みあわせがうまく合っていなかったり、
治療をすべきところをそのままにして
噛みあわせが合わなくなってしまった(詰め物があわなくなってしまった)など
あらゆる不調が起きることから、意識が高まっているようにも感じています。



より長く
より健康で
ご自身の歯で
笑って、話して、食べれる日を長く守るために矯正治療も治療方法の一つとしてあるので、
このようなご相談があるのは大変嬉しいです。


50代60代の方もどうぞお気軽にご相談ください。




投稿者 大林歯科