• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2016年7月 4日 月曜日

20代から30代の女性の歯並びに対する意識の変化

20代30代の女性の方にとっては、
成人式に、就活にお仕事に結婚に・・・と
様々な人生のイベントと重なるということもあり、
「歯並び」に対するご相談が最も多い年代です。



ただ一方で一時的に歯並びを良くするために、
総合的な診断に基づかずに、歯並びを改善する早さを
重要視しすぎて、抜かなくても良い歯を抜いてしまったり、
むやみやたらに歯を削ってしまい、
あとで噛みあわせがおかしくなるというトラブルも聞きます。


歯並びを改善するということは、
今までのかみ合わせを変えるということ。

身体のバランスも変わるということも考慮した上で、
患者様一人一人に合う矯正方法を選択しないと、
噛みあわせが悪くなって、頭痛や肩こり、めまいが
起こるということも考えらます。


「早く歯並びをよくしたい」という女性の
切実な思いも十分わかりますが、
適切な診断、説明の上で総合的にご判断いただくことをオススメします。


ある歯科ではマウスピース矯正がいいと言われたけど、
ある歯科では抜歯しないと難しいと言われた。

どちらがいいの?とお悩みの方は、
セカンドオピニオンとして、
当院へご相談のお問合せ頂いております。



大切な歯、20代30代という、
若々しい素敵な時期だからこそ、
最適な選択をしていくお手伝いができればと思います。



投稿者 大林歯科