• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2016年4月 5日 火曜日

タバコによる歯の黄ばみはホワイトニングで白くなるの?

30代の男性からご相談がありました。

奥様が妊娠されたことをきっかけに、ご自身も禁煙を開始し、
禁煙達成を喜んでいたのですが、年を重ねるにつれて、「歯のきばみ」が気になるようになりました。

喫煙歴は8年。禁煙歴は2年。
歯のケアは結構気にしている方だけど、30を過ぎると加齢臭に紐づく口臭も気になるというご相談です。

===================

歯の黄ばみ=口臭というイメージを持たれる方が多いようですが、
黄ばみは種類にもよりますが口臭の第一原因ではありません。
黄ばみが歯石や汚れによるものだと話は別ですが、今回のようにお手入れもしっかりされている方であれば、
口臭=黄ばみによるものではないでしょう。

またタバコによる歯の黄ばみは大きく分けて2通りの解決策があります。
・クリーニングで改善する
・ホワイトニングで改善する


クリーニングは普段ご自身ではなかなか落としきれない汚れを、
専用の機器を使って丁寧に落とします。
これだけで改善する方もいらっしゃいます。

ホワイトニングの場合は、専用のお薬を使って歯を白くする方法です。

どちらがご本人に合うかは、
お時間やご自身の歯の状態に合わせて専任のカウンセラーがご提案させていただきますので、
ご安心くださいね。

デンタルケアの意識が高いお父さん、素晴らしいですね。



投稿者 大林歯科