• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2015年10月 8日 木曜日

歯抜け治療は何が最初に始まるのか?

「歯抜け」
患者様がそうおっしゃられる様子を一言で表した状態。
つまり「歯が抜けて放置した状態」です。
最近では30代40代の歯が抜けたまま放置していてどうしよう・・・このままだとマズイ・・・
だからなんとかしなくちゃ!
と何かをご覧になったか、他の方からの影響を受けてご予約をされる方が増えているように感じます。

歯が抜けた状態。
ご本人もこのままでは良くないと感じていらっしゃると思います。
当院では歯が抜けていますね。ハイ、そこにインプラントを入れましょう。
という治療は一切おこなっていません。

肝心なことは、患者様ご自身の心の状態です。
その状態をなぜ放置してしまったのか。
歯のケア状態はどのように行っているのか。


お話をすることで患者様の心理状態も把握していき、
ご本人が初めて本当に「口腔状態を改善したい」と
思われてから初めてスタートすると言っても過言ではありません。

歯の現在の状態と将来の状態をきちんと把握し、
本人が何を目指し、私達は何をサポートするのか、
把握することが大切です。


歯抜け治療に最初にするステップは、
「お話をきちんとすること」です。


カウンセラーがお話をするお時間をしっかりと
確保し今までのお話や、これからについてじっくりとお話をしていきます。
ですので初めてご来院の方は予め時間に余裕を持ってご予約ください。


投稿者 大林歯科