• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2015年8月12日 水曜日

40代で入れ歯なんて相談しづらい。どうしたら良い?


「40代で入れ歯なんて恥ずかしいし、周りの人にもなかなか言えない。
 友人は歯がキレイだし、定期的にケアしているし相談出来ませんでした。
 うちの人(ご主人)にも言えないからどうしたら良いでしょうか?
 できれば40代から入れ歯は避けたいんです><」


お気持ちお察しします。
ご相談に勇気を持ってご来院いただいたたこと、ありがとうございます。

特に女性なら、入れ歯のお手入れをすることをご主人やご家族に見られることも
精神的な苦痛ではないかと思うのです。
40代ならまだまだプライベートも楽しい時期。
金属の金具など見た目の部分も気になると思います。


40代で歯を失っているという事実は変えられません。
今、歯がない状態としっかり向き合っていき、
一時的な対処ではなく、これから先20年、30年先も考慮した治療が必要です。


歯を失った時の治療方法は、健康な40代の方であれば、
骨も元気ですので、選択肢はたくさんあります。


断言できることは、
今の悪くなった状態を放置しないということです。

何を一番に優先するのか?を一緒に考えて
最適な治療方法を見つけていきましょう。

他の歯が悪くならないように今できるケアを




投稿者 大林歯科