• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2015年7月 3日 金曜日

若い人でも入れ歯やインプラントの時代?!

歯を失うのは、高齢者というイメージが昔は多かったようですが、
最近では、30代や40代の「歯が抜けてしまった・・・」というご相談をいただいています。

不慮の事故やケガではなく、歯が抜けてしまうとはどんな状態でしょうか??

よく診てみると普段の歯磨きが不十分でケアができていないために
奥歯に重症な歯周病や悪化した虫歯が放置されてしまい続けた結果、
ポロっと歯が抜けてしまったという方もいます。

実は歯が悪いことはわかっていても、
なかなか歯科に行けなかったり、
「こんな状態では恥ずかしい・・」と歯科に行くタイミングを
失ってしまっている方もいるようです。

悪化している状態は、放っておいても良くなることはありません。
ためらうお気持ちも充分お察ししますが、
まずは自分の状態をきちんと把握することからスタートしています。

その上でどの治療をするか?
治療計画を立てていきます。


歯が抜けた=インプラントをお勧めしているわけではなく、
治療にかかる期間やご予算など現実的な問題も考慮していきますのでご安心くださいね。
進行した虫歯




投稿者 大林歯科