• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針

大林歯科情報発信

2013年7月30日 火曜日

食べる順番療法?!/豊田市で歯科矯正治療なら大林歯科へ

生活習慣病予防として食事の見直しは一番身近にあり、一番大切な問題です。
虫歯・歯周病も生活習慣病です。
食事の種類・時間などは、歯や唾液の質、歯ぐきの健康にも影響するので、食事のとり方でも虫歯・歯周病の予防になるのです。

人間は、生きるために食べる物から栄養を吸収して血となり、肉となり、食べることで精神を豊かにしてくれます。
飽食の時代で、コンビ二食や季節感のない食事で簡単に空腹を満たしてくれることがあたりまえになってきています。
このような食事が体に影響しない訳がありません。。。
精神にも影響しているとも報告されています。

季節のものをバランスよく、腹八分目を心がけて・・・
でも、いろんな誘惑はありますよねcoldsweats01
たまにのファーストフード、甘いもののために、日々の食事はなるべく添加物の少ないものを取りましょう。
あるものに入っている添加物が人体に影響のない量であったとしても、
それは本当に影響はないのでしょうか??
他からも、添加物を摂取していれば、体の中では添加物が危険値に達してしまっているかもしれませんimpact
また、添加物も一つだけではなくいろいろ入っていることが多いですが、一つの食品の中での組み合わせが大丈夫でも、、、
他の食品から摂取した添加物と一緒に、体の中では悪い物組み合わせになることも考えられます。

食品を作っている、売っている側もこちらがどんな食し方をするかまでは責任をもてません。
ですので、「自分の体は自分で守る。」ように努力しましょうflair
虫歯や歯周病になる前に!自分でできる予防が大切ですsign01
予防は自分自身に意識がないとできません。
生活習慣の改善による健康増進は、さまざまな病気の予防につながります。
糖尿病・癌・心疾患・脳血管疾患・・・これらすべて生活習慣病ということなのですから、是非このような病気にならないように
予防していきましょうねgood

約40分ほどの「添加物の正しい読み方」のDVDがありますので、ご興味のある方はお声掛けくださいconfident

前置きが長くなってしまいましたが、食べる順番について研究発表がありましたのでご紹介を・・・
「まず野菜から食べる・・・」という結構よく知られた食べ方ですが、一部足りない情報があったようです。

①まずは野菜から食する。それを5分以上かけて食べる
②次にたんぱく質を食べる。
③最後にご飯(主食)を食べる。
④一口食べたら、飲み込むまで次のものを入れない。
⑤できれば夜9:00までに。

だそうです。
色々な考え方がありますので、ご参考までに・・・
次回は体を冷やす食べ物、温める食べ物についてアップしまーすrestaurant


投稿者 大林歯科